スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【SMシーズン4使用構築】流動メガボーマンダスタン【最終レート2110/41位

あああああああああああ



結果

シーズン4 最終レート2110
S4.png

構築経緯

まず、知り合いの記事で見かけた[恩返し/火炎放射/身代わり/龍の舞]の構成のメガボーマンダが使いやすく強力であると感じたのでそれを軸に組むことに。
その補完としてカプ系統に誤魔化しの効きやすいギルガルドを採用。ボーマンダが対面的な型である事、また使い慣れている事から残飯剣舞を採用するつもりである為、相手のポリゴン2を崩す駒が必要となる。そこでサイクル技を所持し補完も成り立つ毒々ロトムWを選んだ。
この三体を軸とし、相手に合わせて入れ替えのできる様に他三体を採用。
まず、電気の一貫が切れ相手の電気の裏に大きな負荷を掛けていけるニドキングを選択。
ニドキングは単体でも強力ではあるが、トリックルームと組み合わせる事でより強力になると感じた。そこで選んだのがトリックルームポリゴンZである。採用理由については個体解説で説明する。最後に、ここまでで辛い相手のボーマンダやリザードンといったエースポケモンに対するストッパーとして襷パルシェンを採用した。
相手の構築のタイプに合わせて流動的に対応出来る構築を目指した。


個別解説

ニドキング@命の珠/力尽く 選出率:同率4位

nidoking.gif

控えめ:175-*-111-150-95-105 (148-*-108-252-0-0)
ヘドロウェーブ 大地の力 冷凍ビーム 挑発


ミミッキュを倒すために不意打ちを採用したいと思うこともあったが、切れる技が無い為この構成で妥協した。
当初の目論見通りにトリックルームから動く展開はポリゴンZの耐久力の影響もあり数こそ少なかったものの、勝利を手繰り寄せてくれたので正解であったように思う。



ボーマンダ@ボーマンダナイト/威嚇 選出率:1位

salamence.gif

陽気:183-191-150-*-110-182 (100-204-0-*-0-204)
恩返し 地震 身代わり 龍の舞

恩返しで131-100ミミッキュ確定落ち
A+1恩返しで183-115ガブリアスを確定で落とせると勘違いしていた精神異常ゾウリムシ(62.5%で落ち・ステロ込み確定)

ジャローダやメタグロスといったポケモンに対するケアとして陽気+身代わりの形。
火力は最低限までしか振っていないが、火力不足は後ろのポケモンで補える事がほとんどなのでそこまで気にならなかった。
羽休めを採用していないのでHP管理が難しいが、その分構築をより対面・積み志向にしていて構築のパワーは高いので問題はなかった。



パルシェン@気合の襷/スキルリンク 選出率:2位

cloyster.gif

意地っ張り:125-161-201-*-65-122 (0-252-4-*-0-252)
氷柱針 ロックブラスト 氷の礫 殻を破る

積みアタッカーに対するストッパー、カバリザテテフに対する崩しが主な役割。
物理受けを崩すポリゴンZと合わせてボーマンダの一貫を作る動きもする。



ギルガルド@食べ残し/バトルスイッチ 選出率:3位

aegislash-blade.gif

意地っ張り:161-220-71-*-72-87 (204-236-4-*-12-52)
アイアンヘッド 影打ち 剣の舞 キングシールド

安定性の高い残飯ギルガルド。
カプコケコやゲッコウガや、バシャーモを誤魔化していく。
アイアンヘッド+影打ちで無振りカプコケコは確定落ち、悪の波動を打ってきたゲッコウガはほぼ落ち。
残飯毒型を苦手とする相手に繰り出し残飯を見せた時には剣舞でアドを取っていく。



ポリゴンZ@ノーマルZ/適応力 選出率:5位

porygon-z.gif

控えめ:175-*-116-195-96-111 (116-*-204-180-4-4)
破壊光線 悪の波動 悪巧み トリックルーム

Z破壊光線で217-136カバルドンを確定1発
Z破壊光線で227-150クレセリアを12.5%で落ち(196~ダメージ)
C+2Z破壊光線で181-136ナットレイに215~ダメージ


A216メガボーマンダの捨て身タックルを87.5%耐え
A207メガギャラドスのA+2滝登りを50%耐え
C182CFサイコキネシスを確定耐え

トリックルーム始動兼耐久崩し役。
基本的にこのポケモンはCS悪巧み型かテクスチャー型が多い様に思われる。しかし、テクスチャー型の場合岩石封じや凍える風といったS下降技や相手のスカーフポケモンに弱いという弱点がある。
その裏をかきトリックルームを採用することで逆にこちらのペースに持ち込むことが出来るし、ポリゴン2とは違い挑発を誘いにくいことも評価できる。
また、トリックルームで相手のトリックルームを返すことも可能。



ロトム@ミズZ/浮遊 選出率:同率4位

rotom-wash.gif

穏やか:157-*-127-139-160-85 (252-*-0-108-148-0)
放電 ハイドロポンプ ボルトチェンジ 毒々

Zハイドロポンプで145-95カプコケコ確定落ち

C216霊獣ボルトロスのZ10万ボルトを93.7%耐え
C222メガゲンガーのヘドロ爆弾が70~84ダメージ

かなり補完的な採用であるため調整先をピンポイントなものとし、Z技も採用できるような型とした。
試験的に採用した型ではあったものの特に不自由を感じる事もなかったため最後まで調整を変えることはなかった。
カプコケコを確定で落とすことはできるものの、身代わりなどを考えると怪しい為カプコケコ入りに対しては必ずニドキングかギルガルドを選出するように意識していた。

選出
構築段階ではボーマンダ+ロトム+ギルガルドとしていたが、実際はサブ的な採用の他三体も思った以上に刺さることが多く柔軟に選出していた。

・対カバリザテテフミミッキュ(以下左に来るものが先発に出すポケモン)
→①パルシェン+ボーマンダ+ポリゴンZorギルガルド ②ボーマンダ+ポリゴンZ+ギルガルドorパルシェン

・対受けループ
→ポリゴンZ+ボーマンダ+ニドキング

・対ポリクチミミッキュガッサ
→ギルガルド+ポリゴンZ+ニドキング

(パッと思い浮かばない為、要望があれば追記予定)

辛いポケモン
・ガルーラ ★★★★→マンダ+ガルド
・バシャーモ ★★★→隙をつくらない
・ギャラドス ★★★→マンダの威嚇・ポリZ・パル
・バンギラス ★★★→うんち
・ゲッコウガ ★★→ゲッコウガはガルドに勝てない
・リザードン ★★→パル・マンダ
・ドラゴンZガブリアス ★★→うんち
・マンムー ★★→ミトム
・テッカグヤ ★→適当

【最後に】
構築全体としてはまとまりを持たせる事が出来たが、終盤頻繁に見かけるようになったガルーラ入りに対して甘い事が気になった。それに加え、S2ので使用した定数ダメージ+残飯ギルガルドの形のような定数ダメージ要素をもう少し取り入れられれば(Ex.ボーマンダの毒々)より完成度が高まったのではないかと感じた。
来季からはミミロップが参戦するため、全く違った構築を組むことになると思う。


何か気になる点があれば@Mys_pokeまでリプライを送ってくださればわかる範囲でお答えしますので気兼ねなくどうぞ。
スポンサーサイト
プロフィール

みゃす

Author:みゃす
シングルバトル専門
Twitter:@1028flms

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。