【最高/最終レート2117】再び襲来?!ノオーガブ注意報【シーズン14使用構築】

2016/03/15 21:00 |未分類

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

190551.gif189660.gif196265.gif
アロー20150924182606.gif49344.png





最高/最終レート 2117

個人的に満足いく完成度に達しなかったので今後の教養として簡単に記事に残すことにした。


【構築経緯】
S12・13とメタ色の強い構築を使っていたので、今回は純正ガルガブの様なものが作りたかった。型はともかくガルガブボルト、そして個人的な好みもあるがファイアロー、この四体から構築を組むことに。
対ガルーラスタンに安定する駒としてゲンガー、そして最後の枠は初めは穏やかスイクンを採用していたのだがボルトガブにより安定し後出しもある程度利き環境にもなかなか順応できそうなユキノオーを採用した。
構築のスタンスは前と同じサイクル+対面+積みで今回は2:4:4のイメージ。

【個別解説】

ユキノオー@ゴツゴツメット/雪降らし
呑気:197(252)-112-139(252)-112-106(4)-72
吹雪 ギガドレイン 氷の礫 宿り木の種

今回の地雷(?)枠。主に厨パ、マンダ入り、天候パに選出する駒。今回は炎枠にファイアローを採用しているため相手のボルトロスからの退き先としても優秀であるのでスイクンよりも構築にマッチングしていたと思う。
メインウェポンの吹雪ギガドレ礫は崩す必要はなく、ラスト一枠は受け気味の構築に対し多少のサイクル戦をする助けになる宿り木を採用したが絶対零度や交替際に入れる地震も採用候補にはなると思うが長期間使用したわけではないのでこの技構成となっている。
今期増えるであろうと思ったバトンバシャ+悪巧みボルトロスの並びに対してユキノオー+ファイアローで強気に出れるのがこのポケモンの評価できる点。無振りボルトロスの10万ボルト+気合玉は耐えるしボルトロスに対してはかなり安定した処理が望める。
持ち物に関してはこのポケモンのアイデンティティーでもあるスリップダメージを加速させるゴツゴツメットを持たせたが、このままだと意地っ張りガブリアスの逆鱗がほぼ確定二発で落ちてしまうので食べ残しを持たせてもいいかもしれない。個人的にはたとえ炎P持ちのガルーラであろうと無理やり削りを入れられるゴツゴツメットがしっくりきた。

ガブリアス@ヤチェのみ/鮫肌
陽気:183-182(252)-116(4)-*-105-169(252)
逆鱗 地震 岩石封じ 剣の舞

破壊していく方のガブリアス。最初はスカーフで運用していたがナットレイ+ヒートロトムのような並びに苦戦することが多く、後述のガルーラはユキノオーや柔らかいファイアローを採用している以上ゲンガーに対して確実に1:1を取っていってほしいため噛み砕くを抜くことができず結果としてヤチェで採用することになった。ただやはりスカーフであってほしい場面も多くあるのでガルーラのグロウパンチをけたぐりに変えることで対処するべきであったかもしれない。


ガルーラ@ガルーラナイト/肝っ玉
意地っ張り:185(36)-158(228)-131(244)-*-100-110
秘密の力 噛み砕く グロウパンチ 不意打ち

流行りつつあるABガルーラ。特に説明することもないがSはガッサを抜いておくといいかもしれない(二回ほど負けた)
噛み砕くガルーラを見かけることが多くなったこの頃だがこのガルーラを採用することでゲンガーに弱く対応範囲の広いポケモンを採用することが出来るので、厨パとは違った並びの形成を今後も考察していきたい。


ファイアロー@鋭い嘴/疾風の翼
意地っ張り:173(156)-146(252)-92(4)-*-93(28)-155(68)
ブレイブバード フレアドライブ 剣の舞 羽休め

数あるファイアローの型の中で最も相手に圧力をかけていける剣舞ファイアロー。
強化アイテム持ちの剣舞ファイアローはタイプ受けを許さないところが強い。ガブリアスや181ガルーラは+2ブレイブバードで飛ばせるので厨パに対して大きな圧力になるのでユキノオーと組むことでより強力な駒となる。
持ち物に関しては嘴か命の珠になるが思ったよりもHPが反動でギリギリであることが多いので今回は嘴で採用したがABガルーラや電気に対するダメージが微妙に足りないことがあったのでどちらが正解とは言い難い。

ボルトロス@オボンの実/悪戯心
臆病:172(140)-*-92(16)-158(100)-100-179(252)
10万ボルト めざめるパワー氷 挑発 悪巧み

普通のオボンボルトロス。ガルガブボルトアローの積みの押し付けはわかりやすく強い。
電磁波を必要とする場面は少ないのでギミックや害悪に対する抵抗策として挑発を採用した。
数的有利を取った際に終盤、挑発を打って退場することで安全にラス1で処理して勝つという動かし方もできるのでかなり採用する価値のある技だと感じた。

ゲンガー@気合の襷/浮遊
臆病:135-*-80-182(252)-96-178(252)
シャドーボール ヘドロ爆弾 凍える風 道連れ

普通のゲンガーです。こいつが良く動く試合は勝てると言っても過言ではない。

【まとめ】

比較的命中安定技で構築を組めたが、今回は攻めに重きを置きすぎて特定のポケモンが辛く選出・立ち回りがシビアになってしまし勝率が思うように伸びなかった。ただガルガブボルトの新しい並びを研究していくきっかけにはなったので今後の糧になればと。ユキノオーはかなり環境に合ったポケモンだと思うのでより選出に組み込みやすい形を見つけたい。来季もバシャの数が減ることはないと思うので既存の並びではあるがメガノオー+アロー@4で考えてもいいかもしれない。